手足口病は接触感染しますか?

手足口病は接触により感染する可能性が大いにあります。

接触感染とは、病気を発症している人に触れ、
細菌やウイルスが自分の粘膜や体内に入ることにより
感染してしまうことを言います。

手足口病に関しても、この接触感染を引き起こす可能性があり、
湿疹などが潰れ、体液が皮膚表面にでたところを
他の人が触れることにより感染してしまうということがあります。

手足口病は接触感染を引き起こす可能性がありますが、
基本的な感染経路としては、
飛沫感染によるものが一般的です。

飛沫感染とは、くしゃみや咳によってウイルスが撒き散らせれ、
その空気を吸ってしまうことによってウイルスが体内に入ったり、
唾液が手に付着し、その手でご飯を食べることによって
体内へウイルスが侵入するなどの原因があります。

接触感染にしても、飛沫感染にしても、
感染しない為の予防策として最も有効な手段は、
手洗いうがいをしっかり行うということです。

先にもご説明しましたが、ウイルスが手に付着し、
その手でご飯を食べたりしてしまうと、
体内へウイルスが入ってしまう恐れがあります。

ですから、しっかりと手洗いをし、
手に付着しているウイルスを洗い流してあげることが、
感染を防ぐ最も有効な手段になります。
乳幼児が手足口病に感染した際には、
おむつ交換の際などに、どうしても患部に触れてしまうことがあると思います。

これはどうしても避けることは難しいと思いますので、
触ったらしっかり洗うということを心がけるようにしましょう。
ちなみに私の場合は、娘が手足口病を感染した時、
しっかり手洗いをしていましたが、感染してしまいました。

娘はくしゃみや咳をあまりしていませんでしたが、
一緒にお風呂に入ったり、
同じ布団で寝ることでも感染する可能性があるということだけ、
ご理解いただき、感染予防に努めてくださいね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病は接触感染しますか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の原因