おむつかぶれにワセリンを塗るのは有効でしょうか?

おむつかぶれにワセリンを塗る事で、
直接的に症状を改善させる効果はありませんが、
おむつかぶれによる痛みを一時的に緩和するのには有効でしょう。

ワセリンは、皮膚表面に油分の膜を張り、
角質層の水分蒸発を防ぐ事で皮膚の乾燥を防ぐ効果や
外的刺激から皮膚を保護するという働きがあります。

油分の膜を作ることによりおしっこやうんちの水分を防ぐ事や、
肌に対する細菌の影響を和らげる事にも有効であると言われています。

一方で、先にも記述した通り、皮膚表面に油分の膜を作ることから、
皮膚呼吸を妨げるということが欠点であり、
体内からの分泌物を閉じ込めてしまうという欠点もあります。

皮膚が傷付き、おむつとの擦れ等による痛みを
一時的に緩和させるという事に対しては、有効的かもしれません。

但し、ワセリンにはおむつかぶれを直接的に治すという効能が無い為、
皮膚が赤くなったり、ポツポツとできものが出来ている様な状況であれば、
皮膚科や小児科に受診し、薬を処方してもらう事のほうが有効的でしょう。

スポンサードリンク