手足口病を発症した時にはどんな食事を取らせればよいのでしょうか?

手足口病は風邪と同様で、ウイルス性の感染症である為、
基本的には栄養を摂って、なるべく体力を回復させる事が重要になります。

手足口病で注意したいこととしては、
口の中にも症状があらわれた場合の食事です。

必ずしも症状が見られるわけではありませんが、
口内炎が出来る場合があります。

赤ちゃんや乳幼児の場合、口内炎が出来る事によって
食事を取りたがらない事が非常に多くあります。

大人の方でも、口内炎が出来ると炎症部分がしみて
ご飯を食べる事が億劫になる事がありますよね。

赤ちゃんや乳幼児も同様に食事を取りたがらない状態になるんですね。

食事を取りたがらないからといって、
ご飯をあげないと体力の回復が出来ませんので、
病気の回復という面ではマイナスになります。

ですから、食事を与えることは絶対に怠ってはいけません。

もしも固形の食べ物を食べたがらない場合には、
ゼリー状の物やヨーグルトをあげることが非常に効果的です。

赤ちゃんや乳幼児向けの野菜ヨーグルトのようなものがありますので、
こういったものですと、甘くてデザート感覚で食べることが出来、
赤ちゃんや乳幼児も嫌がることなく食べることができます。

それでも嫌がって食べない場合には、
野菜ジュースなどの飲料をあげるようにして、
栄養を取らせてあげるようにして下さいね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病を発症した時にはどんな食事を取らせればよいのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病のケア、対処法