手足口病は赤ちゃんでも発症しますか?

手足口病は赤ちゃんでも発症します。

手足口病は風邪と同様でウイルス性の感染症であり、
赤ちゃんから大人まで誰でも発症する可能性がある病気です。

私の子供も赤ちゃんの時に手足口病を発症したことがあります。

症状としては、発熱と全身の発疹でした。

発熱としては、39度代後半の高熱が2日半ほど続き、
完全に熱が下がったのは4日目の朝でした。

発熱が治ったと思ったら、湿疹が徐々に出来始め、
全身へと広がっていきました。

初めは、手や足の裏に小さなブツブツが出来ただけでしたが、
次第に腕や足に出来始め、最終的にはお尻や口の辺りにも湿疹が出ました。

また、口内炎もでき、ご飯を食べるのも嫌がるくらいの状態にまでなりました。

なんとかして、湿疹を早く治してあげたいと思いましたが、
お医者様からは手足口病に効く薬は無いと言われて、断念しました。

口内炎が出来ると、どうしてもご飯を食べたがらず、
栄養を取らせるのに一苦労でした。

固形の食べ物はほとんど食べることをしませんでしたので、
ゼリーやヨーグルトといった流動食により栄養を取らせる様にしました。

湿疹としては、特に塗り薬等を使用せず、
ただ時が経つのを待つだけでしたが、
極力清潔に保ってあげることだけを気をつけました。

完全に治るまでには、約3週間くらいかかりましたが、
傷跡は全く残らず、すべすべで綺麗な肌を取り戻すことが出来ました。

恐らく多くの親御さんは後が残るのでは無いかと心配されると思いますが、
無理矢理湿疹を潰すことをしなければ、
基本的には湿疹の跡は残りませんので安心してくださいね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病は赤ちゃんでも発症しますか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状