手足口病は足に症状が出るのでしょうか?

手足口病の症状は足に出る事が多くあります。

足の裏に湿疹が出来る事が一般的ですが、
足の甲や太ももにも症状が見られる場合があります。

症状としては、ニキビの様な湿疹が出来、
チクチクとした痛みを感じる事が一般的な症状です。

手足口病の症状としては、足と手に湿疹が出来る事が非常に多いですが、
それ以外にもお尻や顔にも湿疹が出来る事があります。

また、口内炎ができることもよくありますので、
手足口病の症状は全身に出ると思って頂いた方がいいですね。

ただ、症状は人によっても出方が違いますし、
手足口病に感染した経験があるかどうかによっても症状が変わってきます。

足に出来た湿疹としては、症状の程度にもよりますが、
2週間〜3週間程度でほぼ完全に治ります。

逆に言うと、その間は痛みを我慢するしか無いですね。

手足口病には直接的に治すような薬が無いため、
とにかく時が経つのを待つしかないんですね。

ですから、とにかく肌を綺麗に保ってあげ、焦らず待つようにしてくださいね。

症状が治まると、湿疹の跡は完全になくなりますので、心配せずに待ちましょうね。

一点、無理矢理湿疹を潰すことはやめましょうね。

無理矢理潰すと、跡が残る可能性があるので、注意してくださいね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病は足に症状が出るのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状