手足口病とアトピーは関係がありますでしょうか?

手足口病とアトピーは全く関係がありません。

手足口病とアトピーは発症の原因が異なりますし、
また、症状や完治するまでの時間なども全く異なります。

まず、発症の原因についてですが、手足口病はウイルスによる感染症なのに対し、
アトピーはアレルギーによる肌の炎症です。

手足口病はウイルス性感染症の為、誰でも発症の可能性がありますし、
一度発症しても再度発症する可能性があります。

一方、アトピーは食べ物によるアレルギーやダニなどによるアレルギー、
また、真菌によるアレルギーなど多くの原因があります。

アトピーは肌表面の保湿が失われることによって、
肌がカサカサになったり、カサカサによる痒みなどの症状があります。

アトピーは短期間での治癒は難しく、長期間に渡る薬の塗布が必要になります。

手足口病とアトピーの症状についてですが、
手足口病の症状は手や足にニキビのような湿疹ができたり、
口内炎ができたりします。

湿疹はチクチクとした痛みを生じ、
足の裏にできた場合には、歩くのが億劫になるような状態となります。

乳幼児の場合ですと、口内炎が出来ると食事を取りたがらなくなり、
ご飯を食べさせてあげるのに大変苦労する場合ごあります。

もしご飯を食べたがらない場合には、ヨーグルトやゼリーを食べさせてあげ、
少しでも栄養をつけさせてあげるようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病とアトピーは関係がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状