手足口病はウイルス性のものでしょうか?

手足口病はウイルス性の病気の一つです。

手足口病は風邪と同じウイルス性感染症で、
一度感染しても再度感染する事がある病気です。

ウイルス性感染症はくしゃみや咳によって唾液が飛び、
唾液の中に潜んでいるウイルスを手などを介して
体内に入ることによって感染する飛沫感染によってうつる病気です。

感染予防としては、一般的によく言われている、
手洗い、うがいによって予防することが出来ます。

もちろん、手洗い、うがいだけでは、
完全に感染予防を行うことが出来ませんが、
感染予防の方法としては、最も有効な手段です。

手足口病の潜伏期間としては、
約3週間程度と言われておりますので、
3週間程度は手洗い、うがいをしっかりし、
感染予防を行う必要があります。

先にもご説明しましたが、
ウイルス性感染症は一度感染しても再度感染する可能性がありますが、
感染の経験があるか否かによって、
二回目の症状の出方が変わってくることがあります。

私も二回感染経験がありますが、
一回目は発熱はほとんどありませんでしたが、
二回目は39度後半の高熱が出ました。

逆に、一回目は発疹が手や足、腕に出来ましたが、
二回目は発疹はほとんど見られませんでした。

このように、症状の出方は、発症経験の有無や
人によっても症状の出方が変わってきます。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病はウイルス性のものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の原因