手足口病の症状は腕にも見られますか?

手足口病の症状の一つである、発疹の症状が腕にみられる事があります。

手足口病を発症した場合には、ほぼ全ての方に発疹の症状が見られます。

一般的に手足口病の発疹としては、
足の裏や手の平、指の間に赤みを帯びたブツブツが出来ます。

この発疹は、チクチクとした痛みを伴います。

症状の出方としては、人それぞれ異なり、
皮膚に少しだけ赤みを帯び流だけの場合もあれば、
ニキビのようにブツブツが多く見られる場合などがあります。

発疹の数としても人それぞれ異なり、
数箇所だけしか症状が見られない場合もあれば、
非常に多くの数ができる場合もあります。

腕に症状が見られる場合についてですが、
腕に症状が見られる可能性としてはあまり高くありません。

私自身は二回手足口病に感染しましたが、
腕にまで発疹ができる事はありませんでした。

息子も二回発症しましたが、
私同様、腕にまで発疹が見られる事はありませんでした。

これとは逆に、娘の場合は一回目の発症で腕に発疹が見られました。

娘の場合は、初めに39度後半の高熱が3日程度続き、
その後発疹が見られ始めました。

初めは、足の裏と手の平に少しだけ発疹が出る程度でしたが、
次第に全身に広がっていき、腕やお尻にまで発疹が出るようになりました。

完全に発疹が治るまでには、1ヶ月程度掛かりましたが、
完治してからは、発疹の跡が残ることもなく綺麗な肌を取り戻す事が出来ました。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の症状は腕にも見られますか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状