手足口病にイソジンを塗っても問題ないでしょうか?

手足口病にイソジンを塗る事はおすすめできません。

イソジンはうがい薬として使用される薬であり、
非常に有名な薬ですよね。

うがい薬としては、多くの方が使用した事があるのではないでしょうか。

イソジンには殺菌、消毒作用がありますから、
菌による炎症に対しては有効かもしれませんね。

しかしながら手足口病は菌による炎症ではなく、
ウイルス感染症の為、原因が少し違うんですね。

とはいうものの、発疹によりニキビの様なものが出来ると、
消毒によって炎症が鎮まり、早く治るのではないかと思いますよね。

実は私もイソジンを使用した事があるんです。

手足口病によって足の裏や甲に発疹ができた時にイソジンを使用しました。

使用方法としては、お湯をはった洗面器にイソジンを5滴ほど垂らし、
よくかき混ぜてから足をつけておく様にしました。

お風呂に入る時にこれを実践し、足を浸けたまま頭を洗ったり、
洗顔したりしていましたので、時間としては10〜15分といったところですね。

これを3日程度実践していましたが、
正直手足口病の発疹が治ることはありませんでしたし、
逆に肌がカサカサするようになってしまいました。

私の肌が弱い為にイソジンが合わなかっただけかもしれませんので、
もしかすると、効果を実感できる方もいるかもしれません。

ただ一つアドバイスとしては、イソジンを入れたお湯に浸かった後は、
しっかりお湯で洗い流すようにしてほしいという事です。

イソジンが肌に残ったりしていると、
私のように肌がカサカサになってしまう恐れがありますので、
注意してくださいね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病にイソジンを塗っても問題ないでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病のケア、対処法