手足口病はうつるものでしょうか?

手足口病は風邪やインフルエンザのように、
うつる病気の一つです。

手足口病は風邪と同じウイルス性感染症であり、
飛沫感染により病気がうつります。

飛沫感染というのは、くしゃみや咳によって唾液が飛び、
飛んだ唾液が物に付き、その物を触った手でご飯を食べたりする事によって
体内にウイルスが入る為、症状がうつるというものです。

基本的には、マスクをしてくしゃみや咳によってウイルスをまき散らさない事や、
手洗いうがいをしっかりする事によって、感染を防止する事ができます。

手足口病は飛沫感染が一般的であるとは言われているものの、
手や足に出来た発疹が潰れ体液が付着する事によっても、
感染が広がるという場合があります。

ですから、プールやお風呂などに一緒に入ると、
感染してしまう恐れがあります。

乳幼児が手足口病に感染した場合、
どうしても一緒にお風呂に入ると思いますが、
そんな状況でも感染の危険はあります。

もし一緒にお風呂に入った場合には、
上がる前にシャワーを浴び、
全身を綺麗に流してからお風呂を出る事をおすすめします。

手足口病のウイルス潜伏期間としては、
約3週間程度と言われておりますので、
その間については、うつる可能性がありますので、
注意が必要となります。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病はうつるものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の原因