手足口病を発症している時に遠足に行かせても問題ないでしょうか?

手足口病を発症している時に遠足に行かせる事自体に付いては
基本的には問題無いでしょう。

しかしながら、症状や周囲の環境、遠足に行く場所によっては、
遠足を欠席させた方が良い場合もありますので、
状況をしっかり判断しながら遠足の出欠を決めるようにしましょうね。

では、具体的にはどの様な状況では、遠足を欠席するべきなのでしょうか?

絶対に遠足を欠席させるべき状況としては、
熱が出ている様な状態の時です。

手足口病に感染すると熱が出る場合があります。

当然、39度といった高熱が出ている様な状況では、
遠足は元より外出でさえさせるべきではないですね。

高熱が出ていない様な状況でも、
熱がある様な状態では、いつ症状が悪化するのかわかりませんし、
遠足先で具合が突然悪くなる事もあるかもしれません。

ですから熱が出ている時には、
遠足は欠席させるようにしましょうね。

他の症状としては、手や足に酷い発疹が出ている様な状況です。

手足口病としては、手や足などに発疹が出来、
痛みを伴う事があります。

足に発疹が出来ている様な状況では、
長距離を歩く事は非常に過酷になると思います。

私自身も手足口病に感染し足に発疹が出来た時には、
長距離どころか、家の中を少しあるくだけでも非常に辛く感じました。

このような事からも、足に発疹が出来ている様な状況では、
長距離を歩かなければならない様な遠足は出席させるべきではないでしょう。

本人の症状悪化だけでなく周りの子達への感染や
先生への負担が増える事も懸念としてはありますよね。

ですから、症状が改善してきている様な状態では、
遠足に行かせる事自体は問題ないでしょうが、
発熱や発疹が多く見られる場合には、
遠足は控えるようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病を発症している時に遠足に行かせても問題ないでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病のケア、対処法