手足口病はおしりにも湿疹ができるのでしょうか?

手足口病の発疹がお尻に見られる事も中にはあります。

しかしながら、発疹がお尻にできるというケースは珍しく、
全ての方にこの症状が見られるというわけではありません。

手足口病の発疹としては、その病名の通り、手や足、
口の中に発疹が出来るのが一般的であり最も多い症状です。

とはいうものの、私の娘が手足口病を発症した際には、
お尻や太ももの辺りにも発疹が見られましたので、
お尻に発疹が見られたからといって心配しすぎる事はありません。

私の娘が発症した時の事を少し紹介しますね。

娘が1歳4ヶ月の時に手足口病を発症しました。

感染経路は恐らく、幼稚園に通っている上の子だと思います。

始めは39度後半の高熱が3日程度続きました。

熱が治って来ると同時に手や足にブツブツした赤い発疹が見られる様になりました。

その後、口内炎が出来始め、太もも、お尻、
お腹周りにも発疹が見られる様になりました。

太ももやお尻はオムツかぶれかとも思いましたが、
小児科の先生に見せたら、手足口病の発疹だという事でした。

手足口病の発疹に対しては、特に塗り薬が無いため、
清潔に保ってあげる事だけを意識し、
一時間おきに濡らしたタオルで軽く拭くようにしました。

手足口病の発疹は簡単には治らず、完全に治るまでには、
1ヶ月程度掛かりましたが、完治した状態では、
発疹の痕も全く無く、綺麗な肌を取り戻す事が出来ました。

手足口病の発疹はほぼ全ての方に見られる症状ですが、
その一方でほぼ確実に痕は消えるような症状ですので安心して、
気長に待つようにしてくださいね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病はおしりにも湿疹ができるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状